宮城・仙台発としのブログです。
ぼくの進む道は。。。そうさっ!純情街道!
相互リンク募集中ですっ!

since 2005.8.14

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 尾野真千子 仲里依紗 ドラマ「極悪がんぼ」第7話 感想 | main | 杏 上川隆也 ドラマ「花咲舞が黙ってない」第7話 感想 >>
渡部篤郎 佐藤健 ドラマ「ビターブラッド」第7話 感想
今日も寝坊気味の夏輝(佐藤健)…

と思ったら隣には

瞳(忽那汐里)が…(((゜Д゜;)))!!!

どうやら二人共記憶が…


…そこへ妹の忍(広瀬すず)が帰ってきて大わらわ(笑)

忍がお風呂に入った隙をついて瞳は夏輝の部屋を脱出。


二人で通勤してきたところを

有村(渡部篤郎)に目撃され取り調べ(爆笑)

“お持ち帰りした”という噂が

刑事課中に広がり大混乱!!


一方で脱・独身貴族を目指す

古雅(田中哲司)が結婚すると発表!!

鍵山班は大騒ぎになる!!

お相手は27歳大手IT企業の受付嬢。

きっかけは“エヴァ好き”だったこと。


古雅を送り迎えしたいと言い

古雅持ちで教習所に通ったり

200万円の指輪を贈る…

と聞いた鍵山班は重い雰囲気に…


そこへ版で押したように

同じ状況で騙された被害者が現れ

…このことをどう古雅に伝えたものか悩む明村と夏輝…


指輪を買いに行ったという古雅を追いかける夏輝。

真琴ちゃん(上原多香子)…

と呼ばれる彼女に指輪を買うため

ハンコを押そうとするのを寸でのところで止めます。


すっかり瞳を怒らせてしまった夏輝はすっかり落ち込みます。

が、明村に捜査と称してキャバクラに連れて行きますっ

ちょっとウキっとしちゃう夏輝でした(^。^/)ウフッ

…が、そのキャバクラに夏輝が見た古雅の彼女、真琴が…

受付嬢というのはウソだったようですσ(^◇^;)


その夜、明村はいつもの料理屋に古雅を呼び出し

真琴がキャバクラで働いていることを

知らせようとしますが

古雅があまりに真剣に真琴を想っている為

なかなか言えません。


翌日、又別に結婚詐欺で被害届を出していた青年が自殺。

部屋には詐欺の相手の写真を飾っていたのですが

何件か続いてる様子。


夏輝は真琴のSNSの情報から

お見合いパーティーに参加する

…という情報を手に入れます。

一人で参加する夏輝…と思ったら瞳も参加っ

…と思ったらい古雅以外の鍵山班全員が参加っ

…と思ったら古雅も参加(笑)

みんなの前に現れた真琴は超いい子っ

結婚詐欺は思い過ごしか…と思い始めます。


その夜、古雅と真琴はホテルのスイートルームに

宿泊。古雅はようやく自分が刑事だと名乗ります。

「カッコイイ」と許してくれる真琴。


翌日、真琴のビデオを見ていた夏輝は、

一連の結婚詐欺に遭っての自殺者の部屋に有った

写真の女性が同じところに

ホクロがあることに気づくのです。


骨格照合の結果、真琴と容疑者の女は同一人物。


一連の自殺は他殺だと睨んだ鍵山班はすぐに

古雅の命が危ないと宿泊するホテルに向かいます。

古雅が真琴が薬を仕込んだコーヒーを

飲もうとした途端中庭から大騒ぎの声が。


古雅が見ると人文字でSOS(爆笑)

面白すぎますっ


それを見た古雅は決心します。

自分の想いを伝え、

そして指輪を渡そうと箱を開き…


「本当に愛してます」とい言葉の後に

手錠を掛けます。


結局失恋してしまい、

東京に出てきた母親に彼女を

紹介できなかったと落ち込む古雅が

いつもの店に行くと

鍵山班の面々と母親の姿が…。


そこで聞かされた前回の飲み会での真実…。

瞳が明村に

「俺は前田(瞳)のことを女として見たことがないから…」

と言われやけ酒した挙句に

夏輝がおぶって帰り

飲み直すという瞳に付き合った結果が

あの朝に繋がった訳です。


そこで気づいたこと…

瞳は明村のことが好きだったのですっ

動揺する夏輝なのでしたっ  

チャンチャン???・*:..。???*゚¨゚゚・*:..。?


としの別のブログ(芸能関係を書いてます)
「見たい!聞きたい!話したい!」いろいろ日記
にもよかったら遊びに来てください!

http://usaharu.com/
Posted by : とし | テレビシネマ大好き! | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 07:08 | - | -| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://yusa000903.jugem.jp/trackback/1920
TOP