宮城・仙台発としのブログです。
ぼくの進む道は。。。そうさっ!純情街道!
相互リンク募集中ですっ!

since 2005.8.14

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 上野樹里 オダギリジョー ドラマ「アリスの棘」第7話 感想 | main | 壇れい 唐沢寿明 ドラマ 「ルーズヴェルト・ゲーム」第5話 感想 >>
二宮和也有村架純薬師丸ひろ子ドラマ「弱くても勝てます」第7話感想
亀沢(本郷奏多)…

本当に辞めちゃいましたね〜(´;ω;`)

残念です…

野球部のみんなも新聞配達手伝わなくていいのに

すっかり早起きが習慣になっちゃって…

今日も朝から素振りです(*´∀`*)

バットを振る姿も様になってきましたね〜っ


亀沢がいなくなり、なんとなく盛り上がらない野球部。

開校記念日を利用した3日間で合宿をすることになります。

蒼志(二宮和也)が目指すのは一枚岩の野球部…


そして、璃子(麻生久美子)が書いた記事を読んだ

野球部は蒼志に幻滅するどどころか『凄い人だ!』と

尊敬の念を強めます(笑)


合宿の費用が捻出できない蒼志は『堂東の合宿所を

借りて欲しい』と校長に頼みます。校長は渋々電話。

了解を貰いますっ 勿論璃子も帯同。


合宿当日。

行ってみると堂東の選手も合宿していることが

判明っ その上、是認一つの部屋で寝ることに…。


さて、いよいよ練習開始っ

冷静に見ていみると堂東野球部の練習は相当なもの…。

その中に一際元気な選球が一人…。

3年の吉永藤一郎(宮里駿)。

その吉永が光安(平岡拓真)に気づくと近づいてきます。

この二人兄弟でした(((゜Д゜;)))!!!

両親の離婚で別に住んでいるため名字も別。


夕飯の時間。城徳は食後は自由時間。

堂東は10分後には

玄関前で素振り。

それを聞いて城徳野球部も食後の素振り…ですが

直ぐに疲れてお風呂タイムっ|__(´▽`)♪__|


次の日には竹宮高校が現れ堂東と練習試合を

始めます。城徳野球部は野球観戦σ(^◇^;)

どちらも譲らぬ攻防戦っ しかし終わってみれば

堂東の圧勝。


キャプテンの江波戸(山崎賢人)は責任感から

どうしたらよいのか答えを出せずに蒼志に相談。

『とりあえず』『さしあたり』の

気持ちでやってみるように

言われ気持ちを新たにします。


合宿最終日。グラウンドでは吉永が白尾(中島裕翔)に

勝負を挑みます。

白尾は、城徳野球部の9人と戦って吉永が勝てば

勝負に応じる…と言います。


振っても振っても当たらない城徳。

順番は光安に回ってきます。

残念ながら三振。

そして最後はキャプテン江波戸。

『とりあえず、さしあたり…』と

呪文のように繰り返し

気づいてみればカキンっと当たってホームランっ


(`´)/"☆---------o カキーン! HOMERAN!


白尾と吉永の勝負は予選に持ち越しとなります。


蒼志はグラウンドを実験の場だと考えるように

部員たちに話します。

何処に自信を持つのか…。

実験で分かった結果だけを練習して自信を付ける。

必要以上の事はしない。

よその練習は無駄な練習だと考えて、自分たちに

必要な質と量の練習をすることに拘ろう…と。


予選大の抽選会に向かう柚子(有村架純)と江波戸。

そして一回戦の相手は…


“竹宮高校”


今度は本気で相手をしてくれる訳ですよねっ


なんだか(((o(*゚▽゚*)o)))ワクワクしちゃいますっ

本当に勝てたらテレビの前で立ち上がっちゃうかも(笑)


来週も楽しみです↑(^^_)ルン♪


としの別のブログ(芸能関係を書いてます)
「見たい!聞きたい!話したい!」いろいろ日記
にもよかったら遊びに来てください!

http://usaharu.com/
Posted by : とし | テレビシネマ大好き! | 06:05 | comments(0) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 06:05 | - | -| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://yusa000903.jugem.jp/trackback/1917
TOP