宮城・仙台発としのブログです。
ぼくの進む道は。。。そうさっ!純情街道!
相互リンク募集中ですっ!

since 2005.8.14

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | -| - |
<< 黒木メイサ、沢村一樹 ドラマ ブラック・プレジデント 第2話感想 | main | 杏 上川隆也 ドラマ「花咲舞が黙ってない」第1話 感想 >>
小澤征悦塚本高史ドラマTEAM〜警視庁特別犯罪捜査本部第1話感想
相棒のあとを引き継ぐ形となった水曜夜9時枠。

民放連ドラ初主演に「視聴率が取れるのか…」

と心配する声も聞かれましたが堂々のストーリーでしたっ

なんといっても脇を固める共演者が素晴らしいっ

田辺誠一、塚本高史、田中隆三、渡部いっけい、

そして、西田敏行っ

安定感抜群ですっ

小澤征悦演じるのは佐久晋吾は“策士”という異名をもつ管理官。

現場の刑事たちに「あなたたちは駒です」

といい放ち反感を買うタイプ(^^;

主題歌は加藤ミリヤ×清水翔太の“ESCAPE”。

これ又ソウルフルでいい感じですっ

ドラマのキャッチコピーは

「この男がいる場所に最強の捜査本部(チーム)あり」

その腕前を早速見せていただきましたっ

では、その感想を書いてみますねっ


最初に感じたのはカメラのアングルや

場面の切り替えがユニークだなぁ…ということ。

ちょっとした場面でもとてもこだわって撮っているのが分かります。

女性が殆んど出てこない…というのもひとつの特徴ですね。

社会派ドラマをうたっているだけのキャスティングです。

こんなに男臭くてシビアな刑事物は特捜最前線以来です(笑)

そして、何より西田敏行が凄いっ

好い人もなのか悪い人なのかも分からないように

演じきる辺りがさすがですっ

ちょっぴり残念だったのは小澤征悦の声。

もう少し低いと迫力が増したと思うのですが

段々聞きなれていくと思われます。


さて、ドラマ最初の事件。

商事会社、中日本興商勤務の岡本の遺体が発見され、

所轄が自殺と結論付けた事件を「他殺だ」と覆し、

更には

「あなたたちは駒です。あなた方の能力は信頼していません」

と言い切り最初から刑事たちの反感を買いまくり(^^;

所轄の協力が得られず本庁13係が佐久に付き合わされることに(笑)


自分より役職が上の人にでも

歯に衣着せぬ意見を言い敵を作る反面、

真っ直ぐ事件に立ち向かう姿に所轄の刑事が手伝う場面も。

新津刑事を演じる古屋一行もその一人。

今回だけのゲストなのかもしれませんがこちらも重鎮。

“福家警部補の挨拶”でも

犯人役を憎らしくなるくらい見事に演じていました。


さて、事件の方は優秀な13係の手で

着実に真実に近づいていきます。

つまりは自殺ではなく他殺に傾き始めます。

そして、佐久の指示で黒田という容疑者の取り調べが始まります。

更に佐久は次なる策で仕掛け始めます。

事件解決の為なら邪道な策も使う佐久に13係も困惑。


しかし、そこへ新津が呼び掛け所轄の刑事たちが捜査に戻り

事件の鍵となる岡本が残した証拠品を探し始めます。

佐久の指示通り動き始めると証拠品が

しっかりと見つかり真犯人である

中日本興商の若月社長と木野を逮捕。

事件解決の頃には佐久と刑事たちの間に

ちょっぴりだけですが歩みよりの気持ちが芽生えます。

あ、刑事たち側だけの歩みよりかも知れませんが(笑)

これからの事件の中でどのように

この関係が変化しTEAMになっていくのか…

見届けたいと思いますっ


としの別のブログ(芸能関係を書いてます)
「見たい!聞きたい!話したい!」いろいろ日記
にもよかったら遊びに来てください!

http://usaharu.com/
 
Posted by : とし | テレビシネマ大好き! | 00:54 | comments(0) | trackbacks(1)| - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 00:54 | - | -| - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://yusa000903.jugem.jp/trackback/1874
トラックバック
塚本高史 の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど
| Nowpie (なうぴー) 俳優・女優 | 2014/04/22 8:41 AM |
TOP